研究者

林 正道

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
脳情報通信融合研究室
研究員

Specific Research Topic:

時間知覚、数量認知、脳機能イメージング、脳刺激、心理物理学

Phone: 

080-9098-3232

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

m.hayashi at nict.go.jp

Homepage:

私達の知覚体験は、物理世界そのものではなく脳の解釈の結果を反映しています。私はこの主観的知覚を生み出す脳のメカニズムを明らかにするため、心理物理学実験と、脳機能イメージング・脳刺激等の神経科学的手法を組み合わせて研究を行っています。近年では特に、時間や数量の知覚に焦点を当てて研究を進めています。

将来的には、脳が限られたリソースの中でどのようにして効率よく情報を表現・処理しているのかといった問題についても明らかにしていきたいと考えています。

主要な業績:

Hayashi MJ, van der Zwaag W, Bueti D, Kanai R (2018) Representations of time in frontoparietal cortex. Communications Biology, 1: 233.

Hayashi MJ, Ditye T, Harada T, Hashiguchi M, Sadato N, Carlson S, Walsh V, Kanai R (2015) Time adaptation shows duration selectivity in the human parietal cortex. PLoS Biology, 13(9): e1002262.

Hayashi MJ, Kanai R, Tanabe HC, Yoshida Y, Carlson S, Walsh V, Sadato N (2013) Interaction of numerosity and time in prefrontal and parietal cortex. The Journal of Neuroscience, 33(3): 883-893.

Hayashi MJ, Saito DN, Aramaki Y, Asai T, Fujibayashi Y, Sadato N (2008) Hemispheric asymmetry of frequency-dependent suppression in the ipsilateral primary motor cortex during finger movement: A functional magnetic resonance imaging study. Cerebral Cortex, 18(12): 2932-2940.