研究者

林 正道

所属:

大阪大学 国際医工情報センター
臨床神経医工学寄附研究部門 特任助教

Specific Research Topic:

時間知覚、数量認知、脳機能イメージング、脳刺激、心理物理学

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

mjhgml at gmail.com

Homepage:

ヒトや動物は、時間の長さ、大きさ、数といったあらゆる「量」の情報を元に、行動を選択しています。
私の研究の目標は、このような量の情報が脳内でどのように表現され、知覚や運動、意思決定と相互作用しているのかを明らかにすることです。
これらの問題にアプローチするため、脳機能イメージングや、脳刺激、心理物理学的手法など、複数の方法を用いて研究を進めています。

主要な業績:

Hayashi MJ, van der Zwaag W, Bueti D, Kanai R (2018) Representations of time in frontoparietal cortex. Communications Biology, 1: 233.

Hayashi MJ, Ditye T, Harada T, Hashiguchi M, Sadato N, Carlson S, Walsh V, Kanai R (2015) Time adaptation shows duration selectivity in the human parietal cortex. PLoS Biology, 13(9): e1002262.

Hayashi MJ, Kanai R, Tanabe HC, Yoshida Y, Carlson S, Walsh V, Sadato N (2013) Interaction of numerosity and time in prefrontal and parietal cortex. The Journal of Neuroscience, 33(3): 883-893.

Hayashi MJ, Saito DN, Aramaki Y, Asai T, Fujibayashi Y, Sadato N (2008) Hemispheric asymmetry of frequency-dependent suppression in the ipsilateral primary motor cortex during finger movement: A functional magnetic resonance imaging study. Cerebral Cortex, 18(12): 2932-2940.