PI(Principal Investigator)

平田 雅之

ブレイン・マシン・インターフェース

所属:

大阪大学大学院医学系研究科
脳機能診断再建学共同研究講座
特任教授

その他の所属:

大阪大学大学院医学系研究科脳神経外科学
大阪大学国際医工情報センター

住所:

〒 565-0871大阪府吹田市山田丘2-2
最先端医療イノベーションセンター913A

Email: 

mhirata at ndr.med.osaka-u.ac.jp

Homepage:

私の研究分野はブレイン・マシン・インターフェース(BMI)です。BMI技術を用いると意図を解読して行動に変換することが可能になります。私どもの最終的な目標は四肢麻痺や閉じ込め状態といった重症の運動障害のある患者さんを対象として、意思疎通と運動を支援するBMIを臨床応用することです。頭蓋内電極から得られる脳信号を解読することにより、自らの手足を使わなくても考えただけでロボットやコンピュータを制御する研究を行っています。また在宅で長期間いつでも利用できるよう、ワイヤレス完全体内埋込装置の開発を行っています。

 

主要な業績:

Yan T, Suzuki K, Kameda S, et al. Electrocorticographic effects of acute ketamine on non-human primate brains. J Neural Eng. 2022 Apr 11;19(2).

Maezawa H, Fujimoto M, Hata Y, et al. Functional cortical localization of tongue movements using corticokinematic coherence with a deep learning-assisted motion capture system. Sci Rep. 2022 Jan 10;12(1):388.

Hashimoto H, Takahashi K, Kameda S, et al. Motor and sensory cortical processing of neural oscillatory activities revealed by humanswallowing using intracranial electrodes. iScience. 2021 Jun 25;24(7):102786.

Hashimoto H, Takahashi K, Kameda S, et al. Swallowing-related neural oscillation: an intracranial EEG study. Ann Clin Transl Neurol. 2021 Jun;8(6):1224-1238.

Kaiju T, Inoue M, Hirata M,et al High-density mapping of primate digit representations with a 1152-channelµECoG array. J Neural Eng. 2021 Mar 17;18(3).

Yan T, Kameda S, Suzuki K, et al. MinimalTissue Reaction after Chronic Subdural Electrode Implantation for Fully Implantable Brain-Machine Interfaces. Sensors (Basel). 2020 Dec 29;21(1):178.

Kobler RJ, Sburlea AI, Mondini V, et al. Distance- and speed-informed kinematics decoding improves M/EEG based upper-limb movement decoder accuracy. J Neural Eng. 2020 Nov 4;17(5):056027.

Hashimoto H, Kameda S, Maezawa H,et al. A Swallowing Decoder Based on Deep Transfer learning: AlexNet Classification of the Intracranial Electrocorticogram. Int J Neural Syst. 2021 Nov;31(11):2050056.

Kageyama Y, He X, Shimokawa T, et al. Nationwide survey of 780 Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis: their status and expectations from brain-machine interfaces. J Neurol. 2020 Oct;267(10):2932-2940.

Matsushita K, Hirata M, Suzuki T, et al. A Fully Implantable Wireless ECoG 128-Channel Recording Device for Human Brain-Machine Interfaces: W-HERBS. Front Neurosci. 2018 Jul 30;12:511.

Belkacem AN, Nishio S, Suzuki T, et al. Neuromagnetic Decoding of Simultaneous Bilateral Hand Movements for Multidimensional Brain-Machine Interfaces. IEEE Trans Neural Syst Rehabil Eng. 2018 Jun;26(6):1301-1310.

Kaiju T, Doi K, Yokota M, et al. High Spatiotemporal Resolution ECoG Recording of Somatosensory Evoked Potentials with Flexible Micro-Electrode Arrays. Front Neural Circuits. 2017 Apr 11;11:20.

略歴:

平成15年9月~ 大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学 助教
平成21年10月~ 大阪大学大学院医学系研究科脳神経外科学 特任准教授
平成28年4月~ 大阪大学国際医工情報センター臨床神経医工学 寄附研究部門教授
平成31年4月~ 大阪大学大学院医学系研究科脳機能診断再建学共同研究講座 特任教授

国際臨床脳磁図学会会長
日本生体医工学会理事
日本生体磁気学会評議員
日本臨床神経生理学会評議員
脳神経外科 BMI研究会世話人
日本嚥下医学会 評議員
日本臨床脳磁図コンソーシアム世話人
日本脳神経外科学会近畿支部 学術評議委員
日本学術振興会 卓越大学院プログラム プログラムオフィサー

<資格>
日本脳神経外科学会専門医
日本てんかん学会専門医・指導医
日本臨床神経生理学会専門医・指導医

<受賞歴>
令和2年度 U.S. National Academy of Medicine, Healthy Longevity Global Grand Challenge, Catalyst Award
平成26年度 大阪大学総長顕彰
平成25年度 大阪大学総長顕彰
平成24年度 Mimics Innovation Awards 2012

Announcements / News:

当研究室で研究開発している植込みBMIが、日経テクノロジー展望2022の「世界を変える100の技術」に選ばれました。

Lab Members:

研究者
・平田 雅之
・中森 雅之
・細見晃一
・Benjamin Fortune
・朝井 都
・前澤 仁志
・橋本 洋章

学生
・金 南憲
・閆 天芳
・江村 拓人
・中村 拓真
・藏富 壮留
・田口美沙
・奥田 健太

アシスタント
・高村 晴美
・河村 啓子
・肥塚 恭子
・一色 加穂