研究者

西堤 優

所属:

情報通信研究機構(NICT)
未来ICT研究所
脳情報通信融合研究センター
研究員

Specific Research Topic:

心の哲学、 脳神経倫理学

その他の所属:

大阪大学招へい研究員

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4, 1A7

Email: 

nishitsutsumiyu at nict.go.jp


昨今、脳神経科学の発展に伴い、それによる様々な技術が私たちにとって身近な存在となりつつあります。それらによって私たちの生活や価値観が大きく変化する可能性があります。そのような技術によってもたらされる可能性のある新たな事態 (Ethical, Legal and Social Issues: ELSI) について哲学的・倫理学的観点から考察しています。

また、私は心の哲学を主要な研究対象とし、特に情動の役割に注目しながら、自己制御や合理性、責任帰属の問題などに分析哲学的な手法でもって取り組んでいます。その際、伝統的な哲学的観点だけではなく、心理学や脳神経科学などの認知科学の成果を取り入れ、哲学における様々な話題を論じています。

主要な業績:

西堤優、「身体状態と意思決定」、『哲学・科学史論叢』、東京大学教養学部哲学・科学史部会、第十三号、 77-101、2011年.

西堤優、「ソマティック・マーカー仮説について―アイオワ・ギャンブル課題の解釈をめぐる問題―」、『科学哲学』、日本科学哲学会、43巻1号、 31-44、2010年.