PI(Principal Investigator)

吉岡 芳親

生体機能イメージング

所属:

大阪大学 先導的学際研究機構
生体機能イメージング 教授

クロス・アポイントメント:
情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
脳機能解析研究室 主任研究員

Phone: 

080-9098-3274

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

Homepage:

私たちの興味は、神経系や免疫系のように統合された生体システムの機能を明らかにすることですが、そのための可視化技術の開発にも力を入れています。脳機能のようなヒトの体のダイナミックな機能を理解するためには、詳細な機能計測のためのイメージング技術が重要であり、必須です。

私たちの重要な研究テーマの一つは、神経系、免疫系、内分泌系の相互作用を非侵襲的なイメージング技術を用いて可視化する事です。これらのシステムは、直接もしくは液性因子を介して密接に関わっているのは確実ですが、まだ十分な非侵襲的な評価方法が有りません。これらの関係は、脳機能はもちろんのこと、精神状態、情動、学習、成長、成熟、免疫、恒常性、など、様々な事柄と関わっており重要です。これらの真の相互作用を調べるためには、非侵襲的にありのままの姿で測定できる手法が必須です。

磁気共鳴法は、生きたそのままの状態で(非侵襲的に)、ヒトや実験動物において構造、機能、代謝など多様な情報を得る事ができます。私たちは超高磁場MRI装置を用いて、非侵襲かつ高分解能で繰り返し測定のできる機能イメージング技術開発も試みてきました。

CiNetとIFReCにある小動物用の2台の 11.7 T 超高磁場 MR 装置やCiNetにあるヒト用の 7.0 T 磁気共鳴装置により、高分解能・高感度で特異的な生体情報を得る事ができるようになります。私たちは、様々な情報を取得できるようにしてきましたが、今までは容易ではなかったヒトの脳内の温度を非侵襲的に測定できるようにし、脳活動に伴う変化も分かるようにもしました。動物を用いた実験では、体内深部のダイナミックな免疫細胞の動きを、非侵襲的に1細胞レベルで追跡できるようにしました。

今まで誰も実現したことが無かったような機能イメージングを行ってみませんか。

主要な業績:

2018年:
Ono E, Murota H, Mori Y, Yoshioka Y, Nomura Y, Munetsugu T, Yokozeki H, Katayama I. Sweat glucose and GLUT2 expression in atopic dermatitis:Implication for clinical manifestation and treatment. PLoS ONE 2018; 13: in press.

Tsutsui S, Nanba T, Yoshioka Y, Sasaki M, Fujiwara S, Kobayashi M, Yoshida K, Miyoshi K, Sato S, Ogasawara K. Preoperative brain temperature imaging on proton magnetic resonance spectroscopy predicts hemispheric ischemia during carotid endarterectomy for unilateral carotid stenosis with inadequate collateral blood flow.
Neurological Research, 2018; in press.

Takemura N, Kurashima Y, Mori Y, Okada K, Ogino K, Osawa H, Matsuno H, Aayam L, Kaneto S, Park EJ, Sato S, Matsunaga K, Tamura Y, Ouchi Y, Kumagai Y, Kobayashi D, Suzuki Y, Yoshioka Y, Nishimura J, Mori M, Ishii KJ, Rothenberg ME, Kiyono H, Akira S, Uematsu S. Eosinophil depletion suppresses radiation-induced small intestinal fibrosis. Science Translational Medicine, 2018; 10: eaan0333.

2017年:
Kaito T, Morimoto T, Mori Y, Kanayama S, Makino T, Takenaka S, Sakai Y, Otsuru S, Yoshioka Y, Yoshikawa H. BMP-2/7 heterodimer strongly induces bone regeneration in the absence of increased soft tissue inflammation. Spine J 2018; 18(1): 139-146.

Saito S, Tanoue M, Masuda K, Mori Y, Nakatani S, Yoshioka Y, Murase K. Longitudinal observations of progressive cardiac dysfunction in a cardiomyopathic animal model by self-gated cine imaging based on 11.7-T magnetic resonance imaging.
Sci Rep 2017; 7(1): 9106.

Nanba T, Nishimoto H, Yoshioka Y, Murakami T, Sasaki M, Uwano I, Fujiwara S, Terasaki K, Ogasawara K. Apparent brain temperature imaging with multi-voxel proton magnetic resonance spectroscopy compared with cerebral blood flow and metabolism imaging on positron emission tomography in patients with unilateral chronic major cerebral artery steno-occlusive disease. Neuroradiology 2017; 59: 923-935.

Arima Y, Ohki T, Nishikawa N, Higuchi K, Ota M, Tanaka Y, Nio-Kobayashi J, Elfeky M, Sakai R, Mori Y, Kawamoto T, Stofkova A, Sakashita Y, Morimoto Y, Kuwatani M, Iwanaga T, Yoshioka Y, Sakamoto N, Yoshimura A, Takiguchi M, Sakoda S, Prinz M, Kamimura D, Murakami M. Brain micro-inflammation at specific vessels dysregulates organ-homeostasis via the activation of a new neural circuit. eLife 2017; 6 : e25517.

Chen T, Mori Y, Inui-Yamamoto C, Komai Y, Tago Y, Yoshida S, Takabatake Y, Isaka Y, Ohno K, Yoshioka Y. Polymer-brush-afforded SPIO nanoparticles show unique biodistribution and MRI contrast in mouse organs. Magn Reson Med Sci 2017; 16: 275-283.

Satoh T, Nakagawa K, Sugihara F, Kuwahara R, Ashihara M, Yamane F, Minowa Y, Fukushima K, Ebina I, Yoshioka Y, Kumanogoh A, Akira S. Identification of an atypical monocyte and committed progenitor involved in fibrosis. Nature 2017; 541(7635): 96-101.

Saito S, Masuda K, Mori Y, Nakatani S, Yoshioka Y, Murase K. Mapping of left ventricle wall thickness in mice using 11.7 T magnetic resonance imaging. Magn Reson Imaging 2017; 36: 128-134.

Ooi Y, Inui-Yamamoto C, Yoshioka Y, Seiyama Y, Seki J. 11.7 T MR Imaging Revealed Dilatation of Virchow–Robin Spaces within Hippocampus in Maternally Lipopolysaccharide-exposed Rats. Magn Reson Med Sci 2017; 16(1): 54-60.

2016年:
Fujiwara S, Yoshioka Y, Matsuda T, Nishimoto H, Ogawa A, Ogasawara K, Beppu T. Relation between brain temperature and white matter damage in subacute carbon monoxide poisoning. Sci Rep 2016; 6: 36523.

Suzuki K, Tsushima M, Goryo M, Shinada T, Yasuno Y, Nishimura E, Terayama Y, Mori Y, Yoshioka Y. Neuro-protective Properties of the Fungus Isaria Japonica: Evidence from a Mouse Model of Aged-related Degeneration. Frontiers in Clinical Drug Research-Alzheimer Disorders. Rahman A ed. Bentham eBook. 2016; 6: 3-39.

Mori Y, Kida I, Fukuchi H, Fukunaga M, Yoshioka Y. Magnetic resonance imaging (MRI) and magnetic resonance spectroscopy (MRS). Cognitive Neuroscience Robotics B. Kasai M, Ishiguro H, Asada M, Osaka M, Fujikado T ed. Springer. 2016; 147-170.

Makita Y, Inoue M, Katayama N, Lee HH, Abe T, Inui YC, Mori Y, Yoshioka Y, Honda Y, Gamoh S, Shimizutani K, Fujiwara S, Ogawa A. Mono- and dinuclear gadolinium (III) complexes of tris (4-carboxy-3-benzyl-3-azabutyl) amine: Synthesis and relaxation properties. Polyhedron 2016; 107: 148–152.

Fujiwara S, Yoshioka Y, Matsuda T, Nishimoto H, Murakami T, Ogawa A, Ogasawara K, Beppu T. Brain temperature measured by 1H-magnetic resonance spectroscopy in acute and subacute carbon monoxide poisoning patients. Neuroradiology 2016; 58: 27-32.

略歴:

1983年 大阪大学大学院理学研究科 修了
1984年 岩手医科大学 助手
1988年 岩手医科大学 講師
2007年 岩手医科大学 准教授
2008年 大阪大学 教授
現在に至る

Announcements / News:

・第二回国際磁気共鳴医学会日本支部学術集会 優秀ポスター賞
 老化促進モデルにおける11.7T-MRIを用いた脳代謝物質評価」
 泉早紀、齋藤茂芳、吉岡芳親 (2018年2月22日)

・The 8th Annual Scientific Symposium of Ultrahigh Field Magnetic Resonance:
 The First Prize
 「Quantitative four-dimensional tracking of individual immune cells in living mouse brain with 11.7T
    preclinical MRI scanner」
  Mori Y, de la Mora DM, Jin T, Yoshioka Y (June 30th, 2017)

・ 第一回国際磁気共鳴医学会日本支部学術集会 優秀ポスター賞
   「ナノ磁性粒子を用いた多発性硬化症モデルマウスの評価」
    陳挺, 森勇樹, 乾千珠子, 大野工司, 吉岡芳親(2017年2月23日)

・ 第44回日本磁気共鳴医学会大会 最優秀賞
   「Four-dimensional in vivo MRI for tracking individual immune cells in mouse brain」
    Yuki Mori, Daniela Martinez de la Mora, Atsuki Tashita, Syoji Kobashi, Ikuhiro Kida,
    Yutaka  Hata,YoshichikaYoshioka(2016年9月10日)

・ 第43回日本磁気共鳴医学会大会 優秀賞
   「脳温計測のためのクモ膜下腔 DWI thermometry の開発」
    藤原俊朗, 吉岡芳親, 松田豪, 西本英明, 村上寿孝, 小川彰, 小笠原邦昭, 別府高明(2015年9月11日)

・ 第43回日本磁気共鳴医学会大会 最優秀賞
   「SPIOを用いたループス腎炎の評価」
    陳挺, 森勇樹, 程振宇, Soyoung Lee, Barry Ripley, 岸本忠三, 乾千珠子, 多胡善幸, 吉田慎一, 大野工司, 吉岡芳親
    (2015年9月11日)

Lab Members:

研究者
・圓見 純一郎
・小林 竜馬
・田中 弘一郎
・芝崎 学
・中田 大貴
・中井 國博
・中西 美保
・藤原 俊朗
・浦邊 亮太朗
・宮前 誠
・堂下 裕香

学生
・田上 穗
・泉早 紀
・李 欣洋