研究者

金谷 翔子

所属:

大阪大学大学院生命機能研究科
認知脳科学研究室
特任研究員

Specific Research Topic:

視知覚、多感覚処理、心理物理学、fMRI

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

kanaya at fbs.osaka-u.ac.jp


日常生活において、我々は視覚、聴覚、触覚などの複数のモダリティを通して感覚情報を受け取っています。これらの異なる感覚モダリティの情報は、それぞれ視覚野、聴覚野、体性感覚野といった異なる脳領域で処理されます。また、例えば視覚という一つの感覚モダリティの中でも、色と方位のような異なる感覚特徴の情報は独立に処理されることが分かっています。しかし我々は、これらの情報を、ばらばらではなく一体化した物体や出来事として捉えています。

私は、脳がどのようにしてこれらの断片化された情報を組み合わせ、外界の様子を再構成しているのかという問題に興味を持っています。これまでの研究では、主に心理物理学的手法を用いて、多感覚情報統合、および視覚における要約統計量知覚のメカニズムを明らかにしてきました。現在は、両眼視差に基づく物体の奥行きが視野全体にわたって安定的に知覚されるメカニズムについて、心理物理学的手法および脳機能画像法を用いて調べています。

主要な業績:

Kanaya, S., Hayashi, M.J., Whitney, D. (2018). Exaggerated groups: amplification in ensemble coding of temporal and spatial features. Proceedings of the Royal Society B, 285: 20172770.

Kanaya, S., Kariya, K., & Fujisaki, W. (2016). Cross-modal correspondence between vision, audition, and touch in natural objects: an investigation of the perceptual properties of wood., Perception. 45(10), 1099-1114.

Kanaya, S., Fujisaki, W., Nishida, S., Furukawa, S., & Yokosawa, K. (2015). Effects of frequency separation and diotic/dichotic presentations on the alternation frequency limits in audition derived from a temporal phase discrimination task., Perception, 44, 198-214.

Kanaya, S., Matsushima, Y., & Yokosawa, K. (2012). Does Seeing Ice Really Feel Cold? Visual-Thermal Interaction under an Illusory Body-Ownership, PLoS ONE, 7, 11: e47293.

Kanaya, S., Yokosawa, K. (2011). Perceptual congruency of audio-visual speech affects ventriloquism with bilateral visual stimuli. Psychonomic Bulletin & Review, 18, 1, 123-128.