研究者

濱中 裕喜

所属:

大阪大学国際医工情報センター
臨床神経医工学寄付研究部門
特任准教授

Specific Research Topic:

分子生物学、神経工学

Phone: 

06-6105-5879

住所:

565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4
脳情報通信融合研究センター 3B3-2

Email: 


私は脳を構造と機能の両面から網羅的にマッピングするための新しい技術の開発に興味を持っています。解剖学的マッピングには、狂犬病ウイルス等のウイルスベクターを利用して、中間から長距離の神経回路の結合様式を明らかにすることに取り組んでいます。この方法によって同定された神経回路の活動を光遺伝学等の方法と組み合わせることによって選択的に操作し、神経活動と行動の関係を明らかにしようとしています。

また、機能的マッピングのための別のアプローチとして、脳の神経細胞の活動を様々な時間・空間スケールで計測できるデバイスの開発に取り組んでいます。材料工学、物性工学、システム工学の領域の研究者と連携して、長期埋込が可能な電極と無線計測システムを開発し、小型霊長類であるマーモセットの自由行動下での計測に用いています。 様々な新しい技術を結集することによってヒトの脳を理解し、アルツハイマー病やうつ病などの疾患の治療法を見出すことが私の研究の最終的な目標です。

主要な業績:

Wickersham, I.R., Sullivan, H.A., Pao, G.M., Hamanaka, H., Goosens, K.A., Verma, I.M., Seung, H.S. (2015) Lentiviral vectors for retrograde delivery of recombinases and transactivators. Cold Spring Harb Protoc. 2015(4): 368-374.

Johansen J.P,, Diaz-Mataix L., Hamanaka H., Ozawa T., Ycu E., Koivumaa J., Kumar A., Hou M., Deisseroth K., Boyden E.S., LeDoux J.E. (2014) Hebbian and neuromodulatory mechanisms interact to trigger associative memory formation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 111, 5584-5592.

Johansen, J.P., Hamanaka, H., Monfils, M.H., Behnia, R., Deisseroth, K., Blair, H.T., LeDoux, J.E. (2010) Optical activation of lateral amygdala pyramidal cells instructs associative fear learning. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107, 12692-12697.

Mann, K.M., Thorngate, F.E., Katoh-Fukui, Y., Hamanaka, H., Williams, D.L., Fujita, S., and Lamb, B.T. (2004) Independent effects of APOE on cholesterol metabolism and brain Aß levels in an Alzheimer disease mouse model. Hum. Mol. Genet. 13, 1959-1968.

Hamanaka, H., Katoh-Fukui, Y., Suzuki, K., Kobayashi, M., Suzuki, R. Motegi, Y., Nakahara, Y., Takeshita, A., Kawai, M., Ishiguro, K., Yokoyama, M., and Fujita, S.C. (2000) Altered cholesterol metabolism in human apolipoprotein E4 knock-in mice. Hum. Mol. Genet. 9, 353-361.