研究者

常 明

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
研究員

Specific Research Topic:

脳波を用いた脳機能計測・解析研究/知覚学習

Phone: 

06-6879-7830

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 


ヒトのスキルトレーニングや知覚学習において、意識上の手がかりが分からないため、広い探索のなかで学習を進める必要があり、結果的に莫大な時間や労力を必要とします。

私は、意識下での知覚学習を実現するために、脳機能に直接働きかけるインタフェースの研究を行っています。特に、従来効率的な学習が困難とされてきた「意識上の弁別が難しい音の聞き分け」を対象とした聴覚トレーニングを実現するニューロフィードバック手法を確立し、言語学習の応用に対して、意識下トレーニングの特性を発展させる研究を進めています。

そして、言語学習のほか、聴覚障害、統合失調症などの臨床的障害研究の応用を目指しています。

主要な業績:

Chang, M., Iizuka, H., Naruse, Y., Ando, H., & Maeda, T. Unconscious learning of auditory discrimination using mismatch negativity (MMN) neurofeedback. Scientific reports, 4. 2014.

Chang, M., Iizuka, H., Naruse, Y., Ando, H., & Maeda, T. An interface for unconscious learning using mismatch negativity neurofeedback. Augmented Human International Conference. 3. 2014.

Chang, M., Iizuka, H., Naruse, Y., Ando, H., & Maeda, T. Unconscious learning of speech sounds using mismatch negativity neurofeedback. Augmented Human International Conference 3. 2015.