研究者

横田 悠右

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
研究員

Specific Research Topic:

脳波・脳磁界計測技術開発

Phone: 

078-969-2160

住所:

〒651-2492 兵庫県神戸市西区岩岡町岩岡588-2

Email: 


私は、日常生活下における脳活動計測を行い、従来のコミュニケーション技術では表現が困難な情報を脳から伝える研究を行っています。

例えば、私たちが部屋でリラックスしているときと面接や試合中といった緊張しているときでは、脳の使用率はどの程度違うでしょうか。様々な状況下において脳がいつ、どのタイミングで、どの程度働いているかを知ることができれば、脳が疲れない優しいシステムの構築や、脳を鍛えるための効率的なトレーニング法が開発できると考えられます。

また、こうした脳活動を簡易なウェアラブル脳波計システムで計測するために、脳波計を改善し、日常生活下でも自由に脳波が計測できる環境の構築も行っています。

主要な業績:

Yokota Y, Naruse Y. Phase coherence of auditory steady-state response reflects the amount of cognitive workload in a modified N-back task. Neuroscience Research. 100, 39-45 (2015)

Yokota Y, Igarashi Y, Okada M, Naruse Y. Estimation of the reaction times in tasks of varying difficulty from the phase coherence of the auditory steady-state response using the least absolute shrinkage and selection operator analysis. IEEE, 6662-6666 (2015)

Yokota Y, Minami T, Naruse Y, Nakauchi S. Neural processes in pseudo perceptual rivalry: An ERP and time-frequency approach. Neuroscience. 271:20, 35-44 (2014)