研究者

亀田 成司

所属:

大阪大学 国際医工情報センター
臨床神経医工学寄付研究部門
特任准教授

Specific Research Topic:

ブレインマシンインタフェース、集積回路工学、生体情報処理

Phone: 

06-6105-5879

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4
脳情報通信融合研究センター
3B3-2(BMI研究室10)

Email: 


私の研究分野は集積回路工学で、特に、生体情報処理と集積回路技術とを融合させる研究を行っています。

現在までに、生物の優れた視覚情報処理機構を模倣したシリコン網膜、微弱な生物発光を検出可能な高感度バイオフォトセンサ、人工視覚のための多チャンネル電流刺激装置などの研究開発を行ってきました。

現在は、体内埋め込み型のブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の研究開発において、微弱な生体信号を計測する多チャンネル計測装置および、感覚フィードバックのための多チャンネル刺激装置の研究を行っています。

主要な業績:

Yuki Hayashida, Yuuichi Umehira, Kouki Takatani, Shigetoshi Futami, Seiji Kameda, Takatsugu Kamata, Arif Ullah Khan, Yoshinori Takeuchi, Masaharu Imai and Tetsuya Yagi, ``Cortical neural excitations in rats in vivo with using a prototype of awireless multi-channel microstimulation system'', Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2015 37th Annual International conference of the IEEE, pp.1642-1645, 2015.

Seiji Kameda, Yuki Hayashida, Yuta Tanaka, Dai Akita and Tetsuya Yagi, ``A Multichannel Current Stimulator Chip for Spatiotemporal Pattern Stimulation of Neural Tissues'', The 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'14), pp.5011-5015, 2014.

Kazuhiro Shimonomura, Seiji Kameda, Atsushi Iwata and Tetsuya Yagi, ``Wide-Dynamic-Range APS-Based Silicon Retina With Brightness Constancy'', IEEE Transactions on Neural Networks, vol.22, no.9, pp.1482-1493, 2011.

Seiji Kameda and Tetsuya Yagi, ``An analog silicon retina with multichip configuration'', IEEE Transactions on Neural Networks, vol.17, no.1, pp.197-210, 2006.

Seiji Kameda and Tetsuya Yagi, ``An analog VLSI chip emulating sustained and transient response channels of the vertebrate retina'', IEEE Transactions on Neural Networks, vol.14, no.5, pp.1405-1412, 2003.