研究者

Tristan Toyo Nakagawa

所属:

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター(IFReC)
特任研究員(常勤)

Specific Research Topic:

痛みに関連した計算論的システム神経科学

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

Homepage:

私は、脳内で絶え間なく続く神経回路網の活動の動的特性を、脳全体の計算モデルと神経生理データに基づき研究します。私はこれまで、安静状態にお ける神経回路網と自発的な動的特性を再現する神経細胞の発火モデルに焦点を当てて研究を進めました。その際、安静状態に おいて収集した脳磁界データを使用し、脳領野間の電気的な情報交換における周波数と遅れ時間の役割の解明に取り組みました。

現在、痛みと脳の相互作用を捉 えるために、私は免疫系と脳の動的特性との間の相互作用の計算モデルを開発しております。痛みに関する動的な神経回路網の特性のバイオマーカを特 定し、痛 みの診断と有効な治療方法を進展させる可能性を広げることを目指します。

主要な業績:

Nakagawa, T. T., Woolrich, M., Luckhoo, H., Joensson, M., Mohseni, H., Kringelbach, M. L., … Deco, G. (2014). How delays matter in an oscillatory whole-brain spiking-neuron network model for MEG alpha-rhythms at rest. NeuroImage, 87, 383–394.
http://doi.org/10.1016/j.neuroimage.2013.11.009

Nakagawa, T., & Deco, P. D. G. (2014). Multiscale Brain Connectivity. In D. Jaeger & R. Jung (Eds.), Encyclopedia of Computational Neuroscience (pp. 1–3). Springer New York. Retrieved from
http://link.springer.com/referenceworkentry/10.1007/978-1-4614-7320-6_535-1

Hilbert, S., Nakagawa, T. T., Schuett, S., & Zihl, J. (2014). Mirror reading of words and numbers: Practice and transfer effects. Visual Cognition, 22(2), 173–192. http://doi.org/10.1080/13506285.2014.889261

Nakagawa, T. T., Jirsa, V. K., Spiegler, A., McIntosh, A. R., & Deco, G.(2013). Bottom up modeling of the connectome: Linking structure and function in the resting brain and their changes in aging. NeuroImage, 80, 318–329. http://doi.org/10.1016/j.neuroimage.2013.04.055