研究者

吉田 史章

所属:

大阪大学国際医工情報センター
臨床神経医工学寄付研究部門
特任講師

 

Specific Research Topic:

ブレイン・マシン・インターフェース、神経生理学 光遺伝学

その他の所属:

大阪大学大学院医学研究科 脳神経外科

Phone: 

06-6879-3652

Fax: 

06-6879-3659

住所:

〒560-0003 大阪府吹田市山田丘2-2

Email: 

Homepage:

研究分野はブレイン・マシン・インターフェース(BMI)です。パーキンソン病やてんかんなどの神経疾患の患者さんの脳の異常電気信号を捉えて電気や磁気、または新たな神経刺激法である光遺伝学的刺激を使った新世代の神経疾患治療法の開発を目指しています。

 

 

主要な業績:

Zrinzo L, Yoshida F, Hariz MI, et al. (2011) Clinical safety of brain magnetic resonance imaging with implanted deep brain stimulation hardware: large case series and review of the literature. World Neurosurg. 76(1-2):164-72; discussion 69-73.

Yoshida F, Martinez-Torres I, Pogosyan A, et al. (2010) Value of subthalamic nucleus local field potentials recordings in predicting stimulation parameters for deep brain stimulation in Parkinson's disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry.81(8):885-9.

Pogosyan A, Yoshida F, Chen CC, et al. (2010) Parkinsonian impairment correlates with spatially extensive subthalamic oscillatory synchronization. Neuroscience. 171(1):245-57.

Yoshida F, Miyagi Y, Kishimoto J, et al. (2009) Subthalamic nucleus stimulation does not cause deterioration of preexisting hallucinations in Parkinson's disease patients. Stereotact Funct Neurosurg. 87(1):45-9.