研究者

竹村 浩昌

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
特別研究員

Specific Research Topic:

拡散強調MRI、トラクトグラフィー、視覚神経科学

Phone: 

080-9098-3285

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

Homepage:

私たちヒトの脳は白質と呼ばれる領域を介した長距離の線維連絡を多く持ちます。こうした白質を通じた線維連絡は、機能的に異なる様々な脳領域どうしの情報伝達に重要であると考えられます。近年の拡散強調MRIおよびトラクトグラフィー法の進展により、白質の線維束をヒト生体脳において同定することが可能となりました。私は白質の組織特性およびネットワーク特性が、ヒト脳における大規模かつ効率の良い情報通信を理解する上で重要であると考えています。

私は拡散強調MRIを用いて、白質を介した脳領域間の情報伝達経路を同定する研究を行なっています。特に、視覚情報処理や感覚情報の統合に関わる情報伝達経路に着目しています。また、白質の組織特性が行動や疾患、発達などとどのように関連しているかにも関心があります。加えて、トラクトグラフィー法による白質線維束同定の性能を向上させる解析手法の開発も行なっています。

主要な業績:

Takemura, H., Pestilli, F., Weiner, K. S., Keliris, G. A., Landi, S. M., Sliwa, J., Ye, F. Q., Barnett, M. A., Leopold, D. A., Freiwald, W. A., Logothetis, N. K., Wandell, B. A. (2017) Occipital white matter tracts in human and macaque. Cerebral Cortex. 1-14. doi: 10.1093/cercor/bhx070 [Epub ahead of print] CiNet News

Takemura, H., Caiafa, C. F., Wandell, B. A., Pestilli, F. (2016) Ensemble Tractography. PLoS Computational Biology 12(2): e1004692. CiNet News

Takemura, H., Rokem, A., Winawer, J., Yeatman, J. D., Wandell, B. A. & Pestilli, F. (2016) A major human white-matter pathway between dorsal and ventral visual cortex. Cerebral Cortex. 26(5): 2205-2214. CiNet News

Takemura, H., Ashida, H., Amano, K., Kitaoka, A. & Murakami, I. (2012) Neural correlates of induced motion perception in the human brain. The Journal of Neuroscience, 32(41), 14344-14354.