PI(Principal Investigator)

内藤 栄一

人間の感覚運動機能に関する操作神経科学

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
脳情報通信融合研究室
研究マネージャー

その他の所属:

大阪大学大学院医学系研究科 招へい教授
大阪大学大学院生命機能研究科 招へい教授

Phone: 

080-9098-3256

Fax: 

06-7174-8612

住所:

〒565-0871 吹田市山田丘1-4 2A6

Email: 

Homepage:

我々の研究室では、様々なニューロイメージング手法や行動学的アプローチを用いて、人間の感覚情報処理や運動制御や運動学習の脳内メカニズムを調査しています。

我々の興味は人間の感覚運動機能に関する幅広い範囲の主要な問題を包括しており、例えば、運動適応や運動技能学習、他者行動の理解、脳内身体表現、感覚運動変換や連合、さらには、運動意図や企画の脳内情報の復号化などが主要なテーマです。我々は、fMRI,EEG,MEG,TMS,EEG-TMS,tDCSなどの脳計測および神経修飾技術を用いて、KINARM、PHANToM、EyelinkIIなどの特殊装置を導入した研究を遂行しています。重要なことは、我々の研究アプローチは操作神経科学的立場をとることです。この立場に立脚して、行動学的介入、神経活動修飾やニューロフィードバックと、これに対応する運動行動の変化との因果関係を証明する研究を展開しています。

特に、最近では、人間の運動制御を改善できる適切な感覚フィードバック法の開発を、運動学習スケジュールや神経可塑性誘導の観点から開発しています。さらに、我々は、これらと並行して、計算論的モデリングやロボットシミュレーションの手法も導入しており、これらの融合により、新たな実験系の確立を図っています。

我々は、究極的には、超高齢化社会で顕在化している様々な感覚運動機能の問題を解決すべく、基礎神経科学の知見が、スポーツやリハビリテーショントレーニングなどの実生活現場に、継ぎ目なく移行できるような研究枠組みの確立を目指しています。我々は常時アクティブなポスドクや大学院生の皆さんを求めています。

是非一緒に研究しましょう。

Announcements / News:

科学研究費補助金 特別推進研究(平成24年度-平成28年度 研究代表者: 浅田稔)

Lab Members:

研究者
杉本 徳和
池上 剛
上原 信太郎
廣瀬 智士
・雨宮 薫
・守田 知代
・高橋 英之
・池田 尊司

学生
・岡本 雅志
・川本 有輝
・佐邊秀彬
・新谷 秀輝

技術者、請負スタッフ
・多田 聡
・佐古 望央
・塗師 幟留