研究者

小林 康

所属:

大阪大学大学院生命機能研究科 准教授

Specific Research Topic:

神経生理学(眼球運動、意思決定)

Phone: 

06-6879-4438

住所:

Room 2B1-1, 1-4 Yamadaoka, Suita City Osaka, 565-0871

Email: 

Homepage:

私は、人間の行動制御、意思決定、学習機構に興味があります。

中脳ドパミン、脳幹アセチルコリン系は大脳皮質から間接、直接的に入力を受け、出力を全脳に投射し、状況依存的なダイナミカルパターンで活動することで適切な意思決定や随意運動の遂行を調節しており、この神経回路網は様々な脳神経疾患と関係が深いと考えられています。

昨今、脳刺激による脳神経疾患治療への期待から、経頭蓋磁気刺激(TMS)などの非侵襲刺激の神経機序解明への関心が高まっています。

私たちは眼球運動課題、前肢到達運動課題などによる認知行動課題を課したサルを用い、運動領野、前頭葉などへのTMSによる認知、意思決定行動の変容と中脳ドパミン、脳幹アセチルコリン系の状況依存的な神経活動の変容を解析し、皮質TMSが認知、学習、注意、覚醒、意思決定機構に及ぼす神経機序を調べています。そして、最終的には臨床現場での安全で有効なTMS法の発見を目指します。

主要な業績:

Watanabe M, Matsuo Y, Zha L, Munoz DP and Kobayashi Y
Fixational saccades reflect volitional action preparation.
Journal of Neurophysiology. 110:522-35, 2013

Okada K and Kobayashi Y
Characterization of oculomotor and visual activities in the primate pedunculopontine tegmental nucleus during visually guided saccade tasks.
European Journal of Neuroscience 30: 2211-2223, 2009

Okada K, Toyama K, Inoue Y, Isa T and Kobayashi Y
Different Pedunculopontine Tegmental Neurons Signal Predicted and Actual Task Rewards
The Journal of Neuroscience 29: 4858-4870, 2009

略歴:

1989 B.S. in Biophysical Engineering, Osaka University
1998 Ph.D. in Neurophysiology of Cerebellar Motor Learning, Osaka University
2002~ Associate Professor, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University