研究者

池上 剛

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
研究員

Specific Research Topic:

運動制御・運動学習・行為理解

その他の所属:

大阪大学招へい研究員

Phone: 

080-9098-3262

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

Email: 

Homepage:

私はヒトの運動制御・学習に関わる神経システムについて研究しています。
私の研究目標は、脳が日常生活やスポーツ活動にみられるような複雑で巧みな動作を制御する仕組みや、獲得する仕組みを明らかにすることです。この問題に取り組むために、心理物理手法による行動実験と、行動を説明する計算モデルの構築する計算論的アプローチを組み合わせることによって、ヒトの運動感覚の制御・学習機構を調べています。

主要な業績:

Ikegami T, Ganesh G, Watching novice action degrades expert motor performance: Causation between action production and outcome prediction of observed actions by humans. Scientific Reports, 4, 6989, doi:10.1038/srep06989, 2014.

Ganesh G, Yoshioka T, Osu R, Ikegami T, Immediate tool incorporation processes determine human motor planning with tools. Nature Communications, 5:4524, doi:10.1038/ncomms5524, 2014

Ikegami T, Hirashima M, Osu R, Nozaki D, Intermittent visual feedback can boost motor learning of rhythmic movements: evidence for error feedback beyond cycles. The Journal of Neuroscience, 32(2), 653-657, 2012.

Ikegami T, Hirashima M, Taga G, Nozaki D, Asymmetric transfer of visuomotor learning between discrete and rhythmic movements. The Journal of Neuroscience 30(12), 4515-4521, 2010.

Ikegami T, Taga G, Decrease in cortical activation during learning of a multi-joint discrete motor task. Experimental Brain Research 191, 221-236, 2008.