PI(Principal Investigator)

黄田 育宏

脳機能計測,化学感覚,脳循環代謝

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
脳機能解析研究室
主任研究員

その他の所属:

大阪大学招へい准教授
国立循環器病研究センター研究所客員研究員
放射線医学総合研究所客員研究員

Phone: 

080-9098-3230

Fax: 

080-7174-8616

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4 B1A6

Email: 

Homepage:

神経活動とそれに伴う血流変化や代謝変化を理解するために、新しい脳機能画像計測の開発を行っています。また、それらの手法を用いて、嗅覚や味覚の情報処理機構の理解に努めています。

BOLD効果による機能的磁気共鳴画像法(fMRI)は、優れた空間分解能と時間分解能を有し非侵襲的に計測できるため、脳機能計測法として広く利用されています。fMRIは、神経が活動した時に伴う代謝変化や血流変化に関連した信号を計測しているため、間接的な神経活動計測です。従って、刺激時あるいは安静時における神経活動と代謝および血流変化の関係を理解することは大変重要です。

その関係を理解するために、CiNetにある7TMRIを利用して、BOLD効果以外のCalibrated BOLDや神経活動の直接計測などの新しい計測方法の開発を行っています。

加えて、開発中の新しい計測方法やfMRIを用いて、嗅覚や味覚の情報処理機構を機能的かつ形態的に理解していこうと考えています。

主要な業績:

Kida I, Ueguchi T, Matsuoka Y, Zhou K, Stemmer A & Porter D (2016) Comparison of diffusion-weighted imaging in the human brain using readout-segmented EPI and PROPELLER turbo spin echo with single-shot EPI at 7 T MRI. Invest Radiol, 51:435-439.

Kida I & Hoshi Y (2016) Right ventrolateral prefrontal cortex involvement in the integration of emotional processing: Parametric mediation analysis of fMRI. Neurosci Letters, 615:92-97.

Kida I, Iguchi Y & Hoshi Y (2011) Blood oxygenation level-dependent functional magnetic resonance imaging of bilateral but asymmetrical responses to gustatory stimulation in the rat insular cortex. NeuroImage 56(3):1520-1525.

略歴:

2001 Associate Research Scientist, MRRC, Yale University
2004 北海道大学大学院歯学研究科 助教
2009 東京都医学総合研究所 研究員
2012 情報通信研究機構(NICT) 脳情報通信融合研究センター主任研究員

Lab Members:

研究者
・松岡 雄一郎
Choi Uksu