PI(Principal Investigator)

井原 綾

言語理解

所属:

情報通信研究機構(NICT)
脳情報通信融合研究センター
主任研究員

Phone: 

078-969-2183

Fax: 

078-969-2279

住所:

〒651-2492 神戸市西区岩岡町岩岡588-2

Email: 

Homepage:

私たちの研究室では、脳がことばを理解するメカニズムを解明し、脳活動を利用して情報理解における心の状態を客観的に評価するための研究を進めています。

日常見聞きすることばは曖昧さを含むことが少なくありませんが、人間の脳はその場の状況に応じて、瞬時に内容を読み取ることができます。脳の柔軟な言語理解のメカニズムを解明するため、私たちの研究室では特に言語情報の脳内表象と文脈情報の脳内処理に着目し、非侵襲的脳機能計測(MEG・fMRI)、非侵襲的脳刺激(tDCS)、行動指標計測による研究を行っています。これまでに、曖昧性をもつことばの意味が文脈情報によって一意に収束するときの脳活動の変化を経時的に明らかにするとともに、脳に非侵襲的に刺激を与えることにより、言語理解を促進させることが可能になりました。また、最近では、言語情報の意味的距離と脳活動との対応関係を明らかにし、脳内における意味表象を可視化する研究も進めています。

脳の言語理解の研究は、将来的には、情報の理解をサポートし、情報の利活用を促進するような効果的な情報提供や、コミュニケーションにおいて意思疎通を円滑にし、相互理解を促すようなインターフェイスの開発につながることが期待されます。

主要な業績:

Ihara, A.S., Mimura, T., Soshi, T., Yorifuji, S., Hirata, M., Goto, T., Yoshinime, T., Umehara, H. & Fujimaki, N. Facilitated lexical ambiguity processing by transcranial direct current stimulation over the left inferior frontal cortex. Journal of Cognitive Neuroscience (in press).

Ihara, A., Wei, Q., Matani, A., Fujimaki, N., Yagura, H., Nogai, T., Umehara, H. & Murata, T. Language comprehension dependent on emotional context: A magnetoencephalography study. Neuroscience Research 72, 50-58 (2012).

Ihara, A., Hirata, M., Fujimaki, N., Goto, T., Umekawa, Y., Fujita, N., Terazono, Y., Matani, A., Wei, Q., Yoshimine, T., Yorifuji, S. & Murata, T. Neuroimaing study on brain asymmetries in situs inversus. Journal of the Neurological Sciences 288, 72-78 (2010).

Ihara, A., Hayakawa, T., Wei, Q., Munetsuna, S. & Fujimaki, N. Lexical access and selection of contextually appropriate meaning for ambiguous words. Neuroimage 38, 576-588 (2007).

Ihara, A. & Kakigi, R. Oscillatory activity in the occipitotemporal area related to the visual perception of letters of a first/second language and pseudoletters. Neuroimage 29, 789-796 (2006).

Lab Members:

研究者
・松本 敦