研究者

吉峰 俊樹

所属:

大阪大学国際医工情報センター
臨床神経医工学寄附研究部門
特任教授

Specific Research Topic:

ブレイン・マシン・インターフェース

住所:

〒565-0871 吹田市山田丘2-2


私の研究分野はブレイン・マシン・インターフェース(BMI)です。

BMI技術を用いると意図を解読して行動に変換することが可能になります。頭蓋内電極から得られる脳信号を解読することにより、自らの手足を使わなくても考えただけでロボットやコンピュータを制御する研究を行っています。

私どもの最終的な目標は四肢麻痺や閉じ込め状態といった重症の運動障害のある患者さんを対象として、意思疎通と運動を支援するBMIを臨床応用することで、ワイヤレス完全体内埋込装置の開発を行っています。

主要な業績:

Hirata M, Matsushita K, Suzuki T, et al (2011) A fully-implantable wireless system for human brain-machine interfaces using brain surface electrodes: W-HERBS. IEICE Trans Commun E94-B:2448-2453.

Sugata H, Goto T, Hirata M, et al (2012) Neural decoding of unilateral upper limb movements using single trial MEG signals. Brain Res 1468:29-37.

Sugata H, Goto T, Hirata M, et al (2012) Movement-related neuromagnetic fields and performances of single trial classifications. Neuroreport 23:16-20.

Yanagisawa T, Yamashita O, Hirata M, et al (2012) Regulation of motor representation by phase-amplitude coupling in the sensorimotor cortex. J Neurosci 32:15467-15475.

Yanagisawa T, Hirata M, Saitoh Y, et al (2012) Electrocorticographic control of a prosthetic arm in paralyzed patients. Ann Neurol 71:353-361.

Announcements / News: