PI(Principal Investigator)

不二門 尚

人工網膜

所属:

大阪大学大学院医学系研究科 教授

Phone: 

06-6879-3941

Fax: 

06-6879-3948

住所:

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2

Email: 

Homepage:

我々の研究テーマは人工網膜の開発です。人工網膜とは、重度視覚障害者の視覚を再建することを目的とした医療機器です。

主な対象疾患は網膜色素変性(RP)です。RPは網膜の病気で、我が国における失明原因疾患の第三位を占めます。発症率は約4000人に1人と言われています。しかしながら、現在の医療では有効な治療法が存在しません。

人工網膜は小型カメラと電子回路と多極電極から構成されます。小型カメラで外界の画像を取得し、その画像データを基に電子回路で刺激電流が作られます。刺激電流は多極電極を介して網膜へと伝えられます。これにより、網膜内の神経細胞に神経活動が生じ、光覚が生じます。

この人工網膜が実現すれば、将来RPを患う患者さんの生活の質の向上に繋がると期待されます。

主要な業績:

Fujikado T, Kamei M, Sakaguchi H, Kanda H, Morimoto T, Nishida K, Kishima H, Maruo T, Oosawa K, Ozawa M, Nishida K.: Feasibility of 2nd generation STS retinal prosthesis in dogs.
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2013 Jul;2013:3119-21.

Fujikado T, Kamei M, Sakaguchi H, Kanda H, Morimoto T,Ikuno Y, Nishida K, Kishima H, Maruo T, Konoma K, Ozawa M, Nishida K.: Testing of Semi-chronically Implanted Retinal Prosthesis by Suprachoroidal-Transretinal Stimulation in Patients with Retinitis Pigmentosa. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52:4726-33,2011

Fujikado T, Morimoto T, Kanda H, Kusaka S, Nakauchi K, Ozawa M, Matsushita K, Sakaguchi H, Ikuno Y, Kamei M, Tano Y. Evaluation of phosphenes elicited by extraocular stimulation in normals and by suprachoroidal-transretinal stimulation in patients with retinitis pigmentosa. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2007 Oct;245(10):1411-9. Epub 2007 Mar 7.

Lab Members:

研究者
・森本 壮
・神田 寛行

学生
・遠藤 高生
・広田 雅和