ニュース

ワークショップ : ‘Neural mechanisms linking action and perception’ (知覚‐運動連関の神経機構) 7月25日(月)開催

 

知覚‐運動連関の神経機構について、5名の素晴らしいスピーカーに、日常場面や実験室環境における研究、そしてさまざまな研究手法(行動研究、脳機能画像研究、ニューロン活動計測)を用いた研究について、話題を提供していただきます。

日時 : 7月25日(月)13時~17時30分

場所 : 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 1F 大会議室  (〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4

主催 : 脳情報通信融合研究センター(CiNet)

共催 : 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究 「こころの時間学」「脳内身体表現の変容機構の理解と制御」

言語 : 英語

プログラム :
13:00~13:50
Dr. Arko Gohsh (ETH, Switzerland)
“Neuronal control of the thumb in touchscreen users”

13:50~14:40
Dr. Tamami Nakano (Osaka University/CiNet, Japan)
“The functional and neural mechanisms of spontaneous eyeblinks”

休憩 (20分)

15:00~15:50
Dr. David Thura (University of Montreal)
“The basal ganglia do not select reach targets but control the urgency of commitment”

15:50~16:40
Dr. Motoaki Uchimura (Osaka University/CiNet, Japan)
“Behavioral and neural evidence for the background coordinate”

16:40~17:30
Dr. Flavia Filimon (Max Planck Institute for Human Development)
“Motor and cognitive functions of the parietal lobe”