イベント

荒木徹平: “長期埋込可能なフレキシブル透明電極による神経活動の無線計測”

 

2016年06月17日  Friday Lunch Seminar
12:15 〜 13:00

CiNet 1F Conference Room
“長期埋込可能なフレキシブル透明電極による神経活動の無線計測”
荒木徹平

大阪大学産業科学研究所
助教
個人ページ

担当PI  : 平田雅之

Abstract:

これまでの生体センサは、シリコン半導体や皿電極などの硬い電子材料で作製されており、生体信号取得に特化している。しかし、皮膚や臓器は柔らかく、従来の電子デバイスでは生体の動きに追従しづらい。そこで、違和感がなく、装着感に優れた生体センサとして柔らかい~5μm厚以下の極薄フィルム上に透明電極を形成し、超軽量・超薄膜の生体センサの開発を行った。開発したフレキシブル透明電極は、2か月後でもECoG取得を可能とした。セミナーでは、伸縮性をも兼ね備えるデバイス開発や無線計測による試みにも触れる。

About CiNet's Friday Lunch Seminars:
The Friday Lunch Seminar is CiNet's main regular meeting series, held every week at 12.15 in the beautiful main lecture theatre on the ground floor at CiNet. The talks are typically 40mins long and orientated towards an inter-disciplinary audience. They are informal, social, and most people bring their own lunch to eat during the talk. They are open to anyone who is feeling curious and wants to come, regardless of where you work.